「featured」タグアーカイブ

ベクトルと自己受容

仕事とかで凹むことってありませんか?

私の場合、ある時期、講座の懇親会の後にやたら凹むようになったことがあります。お酒が少し冷めてきたあたりから凹むのですよね。

「お前、何偉そうに話してたんだよ?」とか「自分の事ばかり話してんな」とか、最終的には「お前には価値があるのか?」いう感じで、自分のしていたことを振り返って凹んでいた気がします(そもそも、「この思考パターンに問題がある」とかいう話は、また今度)。

ベクトル

ちょうどこの頃、仕事について教えてくれていた「先生」から「君は、自分にばかりベクトルが向いている」と言われていました。「自分の事ばかり気にする」とか「相手(顧客)目線がない」という事を指摘されていたのだと思います。

お酒を飲んだりして気持ちよくなっている時は、ベクトルを自分に向けたまま、自分の話ばかりしていたのだと思います。自分の話をする事で、自分自身の「俺には価値があるんだ」、と承認欲求を満たそうとしていたのでしょう。(自分自身そういう人が苦手なのにまさに自らがそうなっていたわけです。)

そして、帰り道とかで「何やってんだろ?」と凹んでいたわけです。

「貢献」の意味

ただ、当時は「ベクトルを他人に向ける」と言っても、どうしていいのかがわかりません。
普段、人に「がんばって」気を使ってみるのですが、なんだかすぐ忘れてしまいます。しかも、変に気を使った感じなので、自分としても(たぶん相手にも)なんだか不自然な感じです。

その後、アドバイスを受けたり、いろいろ本を読んだりして、「他人のためになる事をする」とか「貢献をする」とかやって、その先生からも「多少は人の事を意識できるようになった」といわれるようになりました。とはいえ、「貢献」とか他人を喜ばせる、事の意味は余り理解していなかったと思います。なんとなくそうした方が良いという効果だけ理解して。

この辺の理屈をスッキリと解説してくれていたのが、「他者貢献」「他者信頼」「自己受容」というのがつながっているという話。「アドラー心理学」、特に岸見一郎さんの解説本です。

 自己受容のために

自分を受け入れる「自己受容」ができるようになるためには、「他者貢献」をする必要がある。そのためには、そもそも「他者信頼」があるのだというように理解しました。

これで、あまり理解できていなかった「貢献」という言葉がやっと理解できた気がします。

なんか、日々苦しいなとか、そういう人は、日々少しずつ家族や同僚、友人などを喜ばせる事、「他者貢献」をすることで、自分を受入れられるようになるかもしれません。

 

なんてことを、二日酔いで軽くだるい中「アナと雪の女王」を見ながら思いました。

あなたをストレスから開放する忘れ物対策!

忘れ物ってしませんか?

私はよくしていました(今でもだけど)。

そして、忘れ物をして人に迷惑かけると、当然怒られたりするわけです。

「意識が低い」とか「やる気あるの?」とかね。

私はよく言われていたし、逆に私も部下の人にそんなこと言っていたりしたこともあります(部下だった方、ごめんなさい)。

そして、その時は、当然、意識もするし、反省もします。しかし、なかなか改善はされないのですよね。
これは、私自身もそうだったし、部下だったよく忘れ物をする人もそうでした。
むしろ、更によく忘れるようになったりもします。多分、過剰に意識しすぎたり焦ったりして、抜けが生じるのでしょう。

そんなこと繰り返していると、逆ギレしはじめたり(上司だった方、ごめんなさい)、忘れ物をした時に自動的に「俺ってなんてダメ人間なだろう」とか「生まれてきてごめんなさい」みたいな気持ちになったりするようになります。(※1)

今日は、そんなあなた(?)に解決策を提示しましょう!

忘れ物を防ぐ方法

その解決策とは、「チェックリスト」です。
「何だ。そんなことかよ」と思った人もいることでしょう。こんなことを言われたら、私も思いそうです。
もしくは、「そんな機械的なことに頼ろうとする姿勢がダメなんだ」とか思った人もいるかもしれませんね。
ただね、これコツとか理屈があるのですよ。

まず、忘れ物をしがちな状況として、私の場合、出掛けがあります。出掛けは、直前まで何かをしていてそこから準備をするわけです。
この際は、多少なりとも焦っている事が多いのですよ。出掛けに限らず、焦っていたりすると平常心がゆらぎます。多少心が乱れている状態になるわけですよね。
そうすると、思考力が分散したり低下してしまい、本来出来るはずのことも出来なくなります。

というわけで、毎回必要なことは、あなたの貴重な思考力を使わずともできるようにしておくのが得策です。そのために、チェックリストを使う、というわけです。

チェックリスト使用時のコツ

チェックリスト使用時のコツとしては、

  1. 指差し確認をすること。
    チェック項目を適当に流したりすると、チェックリストを使っていても忘れます。その時の精神的ダメージと言ったら、もうアスファルトに大の字にうつ伏せで寝てしまいたくなるほどです。
    そこで、「指差し」という動作を伴わせる事により意識を向けやすくします。
    完了したら、「おしっ!」と思うのもよいでしょう。
  2. チェックリストを使って行なう項目にかかる時間を把握しておく。
    私の場合、大体3分以内に完了します。逆に、チェックリストを使わなかったり、使っても適当に流したりして、忘れ物をするとかなりの時間をロスします。
  3. 大事なものは前の晩に用意しておく。
    前の晩だと時間的に多少距離があるため、自分事ながらかなり客観的に判断できます。億劫かもしれませんが、とても大切な生きる知恵です。
    小学校(幼稚園でしたっけ?)で習おうことって大事なことが多いですね。

それでは、こんなチェックリストの実行を助けてくれるツールを紹介しましょう。

チェックリストのためのツール

ReDo
私が最近使っているのは、ReDoというiPhoneのアプリです。何度も使う前提のシンプルなチェックリストを作れます。リストの共有もできます。私は、以前、友人に押してもらって以来、愛用しています。
ただ、残念ながらアプリ自体は、今は更新されていない様子。
リストは、私が使っているものでよければ連絡をいただければ共有しますよ。

あと、Androidで同様のことができるアプリをご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。


旅行用のは、マップ形式のものを使っています。
全体像が見渡せるのと、カテゴライズされているので必要箇所のみチェックしていけるの便利です。
じゃあ、なぜ普段使わないかって?普段も使っていたのですが、マンネリになったためか、見落としが多くなったので使わなくなりました。

参考文献

 

おまけ

最初に書いたとおり、いまでもまったく忘れ物をしないわけではないのです。それでも、チェックリストを使って無駄に思考力や注意力を使わなくても良くなったことはかなりストレスを和らげてくれます。ほんの数分の投資が、その後の不快な感情を避けるのに役立つのであれば十二分に価値があるとおもうのですがいかがでしょう。

※1 そもそもこれは、根本に「俺ほどの能力のある人間が、こんな間違いをするわけがない」的な驕りがある気がしますが、それはまた今度。

「分かりやすい伝え方」の身につけ方

今回は、「分かりやすい伝え方」の身につけ方として、PREP法の習得方法について書いていきます。

何かの主張をしたいときに「何いっているのかわかんねーよ」なんて言われたことありませんか?

私は、よくありました。それどころか、自分自身でも「あれ?」なんてことも。

これ、結構凹みます。「お前、頭わりーなー」と言われているようなものですからね。

そんな状況への対処法として、まず何か型を身につけるとしたら、PREP法が簡単で効果的なのではないかと思っています。

なぜなら、論理的(つまり分かりやすく)に、自分の主張を相手に伝えるための「型」になっているからです。具体的に言うと、PREP法は、Point(論点)、Reason(理由)、Example(例)、Point(論点・結論)という形になっています。

なので、論点(伝えたいこと、主張)とその理由が明確になります。さらに、事例を示すことで、相手はイメージがしやすくなるのですよね。

というわけで、今回は、PREP法の簡単な身につけ方を考えてみました。

習得のポイント

1.何度も「型稽古」をして、型になじませる。
2.「練習」だけではなく、仕事などで実践してみる。

です。

特に、2番目は、慣れていない人がいきなり仕事で使うと不自然な感じになりかねないです。なので、

必ず人からフィードバックをもらうとか、Facebookなどクローズドなところで使ってみてフィードバックをもらうのがいいでしょう。

特に、実践は意識しないとなかなかできないので、一日一度は使うというように意識するのがよいでしょう。

前提となる知識・スキル

日本語ができればとりあえずはOKかなと思っています。

何か気づいたら追記しています。

目安(習得期間、学習時間(開始時〜最大))

週5日で、合計30回程度+実践で大分慣れると思います。

上記のペースだと6週間(大体1ヶ月半)程ですね。

習得メリット

PREP法の型が身につくので、相手に論点や主張を分かりやすく伝えられるようになると思います。

信頼度

・これは、私がやってみただけではなく、実際にある人に試してもらいました。私は日々チェックをしていたというのもありますが、30回も行なううちに、大分本人も身につけられたようです。

必要ツール

・紙と鉛筆もしくはパソコンなど。

「学習・習得のレシピ」

  1. 主語・述語を意識して文章を書く。(主語を省略している場合は、本当に省略しても問題ないか意識して確認)
  2. 主語と述語を近づけて書く。
  3. 一文を短めにする。
  4. PREPの型に当てはめて文章を書く
    例えば、
    Point(要点・主題):PREP法を身につけるととても便利です。
    Reason(理由):なぜならば、型にそって書くだけで論理的で分かりやすい文書がかけたり、話せたりするからです。
    Example:例えば、こういうPREP法自体の説明にももちろん使えます。
    Point(主題・結論):なので、是非あなたもこの「学習レシピ」を用いて、トレーニングをし、PREP法を身につけましょう。
    というような文章を書いていきます。

1〜3は、一週間程度意識してやってみましょう。
4は、平日5日×6週で、大分身につくと思います。
5は、4を一週間程度こなしたら、FacebookでもTwitterでも、じっさいの仕事などのメールでもいいので、一日一度はPREPの型にそって実践するようにしてみてください。

参考文献

 

photo

PREP法で簡単に身につく 論理的に「話す」技術
大嶋 友秀
日本実業出版社 2006-09-07

by G-Tools , 2014/02/27

以前、お世話になった大嶋さんの本です。PREP法が分かりやすく丁寧に解説されています。内容的には、「話し方」をメインにしていますが「書き方」としても十分使えると思います。今は、下記の本が新しく出版されているようです。

photo

話すスキルUP すぐできる! 論理的な話し方 話の組み立て方が上手になるPREP法の使い方
大嶋 友秀
日本能率協会マネジメントセンター 2013-03-20

by G-Tools , 2014/02/27

伝え方の教科書 木暮太一著
こちらは、去年(2013年)売れていた本ですね。
「テンプレップの法則」という独自の法則的な書かれ方をされていますが、要するにPREP法に「テーマ:T」と「話すことの数:Number」を加えたものです。
「テーマ」と「話すことの数」を伝えるのは、確かに話し手としては基本になるものです。なので、参考にはなると思います。

ただ、個人的には、PREP法や文章の組み方の本としては、少々分かりにく感じました。

■お知らせ
lifenotes.jpの最新・更新情報は、Facebookメルマガでも配信しています。

学習・仕事の効率を超・強力に高めるツール

今回は、仕事(特に作業系の)効率を上げるのに超・強力なツールを紹介します。

それは、タイマーです。

「なんだ、そんなものか?」と思いました?

でも、使っている人は分かると思うのですが、これにはいろいろと効果があります。

まず、カウントダウンをする場合、時間を決めることにより集中力を高められます。

また、仕事や学習がちょっと億劫なときでも「取り敢えず◯分やってみよう」というように、とりかかりやすくなります。

逆に、カウントアップでやる場合には、タイムトライアル的に緊張感を持って作業を行なうことができます。

例えば、勉強時間を確保するためには、時間を区切って、「何時から◯分間」と決めると終わりが見えてるので、作業にとりかかりやすく、更に集中力も保ちやすくなります。

私の場合、1人で作業を行なう際には、以前紹介したPomodoroテクニック(時間を25分などに区切り作業+休憩を繰り返す)的なやり方をすることが多いです。そのため、タイマーは必須。

もちろん、lifenotes.jpで紹介している「学習のレシピ」を実行する際にも、タイマーは便利に活用しています。

というわけで、今回は私がよく活用しているタイマーを3つ紹介しますね。

オススメタイマー

キッチンタイマー鉄(for Windows)

Windows用のタイマーソフトです。
無料、シンプルで使い易く、カウントダウンもカウントアップ(ストップウォッチ機能)も両方できます。さらに軽くてすぐに起動します。また、画面いっぱいに広げることもできるので、セミナーなどでもよく活用していました。
Launchy(http://www.launchy.net/)などのランチャーソフトと使うと即座に呼び出せて便利です。

Timer-Tab

Webブラウザ上で動作するタイマーです。

「キッチンタイマー鉄」のようなソフトをMacで探している時に知りました。このTimer-Tabは、Webブラウザ上で動くので、MacでもWindowsでも動作します。これも無料で、シンプルで、使いやすいです。もちろん、カウントダウン・アップともにできて、設定した時刻にアラームを鳴らすこともできます。また、画面いっぱいに広げる事も可能。さらに、Google Chromeの機能拡張を入れておけば、無音にしていてもポップアップが表示されて外で使用する際にも便利です。

呼び出し方は、例えば、Google Chromeであれば、Cmd + t ⇒ 「timer-tab.com」と打ち込んで呼びだします。(実際には、全部打ち込まなくとも自動補完されるようになると思います)Windowsなら、Ctrl + t ⇒ Ctrl + l ⇒ 「timer-tab.com」ですね。

カウントの状態は、タブ上にも表示されます。なのでブラウザの他のタブや、ウインドウが重なっていなければ他のソフトを使っている際も、すぐに残り時間の確認ができて便利です。

タイマー、アラーム、ストップウォッチが気軽に使えるChromeの拡張機能『Timer Tab』 – lifehacker

シンプルでびっくりするほど使い勝手が良いWebタイマー「TimerTab」
画像をいっぱい使って丁寧に解説されています。

DRETEC デジタルタイマー

こちらは、ソフトではなく物理的なタイマーです。

カウントアップ・カウントダウン両方できます。また、これは好き好きですが、カウントダウンの場合、10分前、5分前に軽く「ピピッ」と鳴ってくれます(これは止められません)。

何よりいいのは、物理的に「物」があるということ。
私は、自宅にいる場合には、毎日使っています。なぜなら、スマホのタイマーより素早くセットできること。それと、なんというか、なんとなく強制力があるような気がするためです。一応、冷蔵庫などに付けられるように磁石も付いているし、机の上に立てて見やすくするための脚もついています。本物のキッチンタイマーなので、料理の際に台所に持って行って使うのも便利ですね。

一点、注意点としては、Web上の写真から想像する質感と、実際に手にとった時の差が、多くの人に驚きをもたらすかもしれないということ。特に、脚(立てかけるためのヤツ)やボタンの押し心地は、新鮮な驚きを与えてくれるはずです。いいほうのではなく、「やっちまった!」的な方の。「そんなの紹介するなよ」と思うかもしれませんが、この製品最初の第一印象の割に丈夫でなのですよ。少なくともうちのは、何年も前に買ったのに未だに問題なく使えています。変な押し心地も意外となれるものです。

なお、フ◯ンフ◯ンでは、DRETEC製の同じ製品と思われるものが、ロゴ入りで3倍以上の値段で売っているのを見かけたことがあります(2013年)ので、ロゴとか入ってるのがいい人は、そういうのを買っても良いかも。
そうそう、時間がきた際のアラーム音は、”It’s a small world.”です。ディズニーランドのあれですね。

ちなみに、今は次の予定まで少し時間が空いたので、カフェでこの記事を書いています。なので、タイマーはTimer-Tabを使っています。

【学習レシピ】まず会計の感覚を身につける

■概要
社会人として仕事をしていく上で、「数字に強くなりたい」と思う人は多いのではないでしょうか。

それは、「数字が読めない」事に関するデメリットを感じるからかもしれません。

私自身も、なんとなく「会計」の必要性を感じ、いろいろな本を読んできました。

しかし、読んだときは、「なるほどぉー」と思うのですが、なかなか身につきません。

この本もそんな中でも特に「すごく分かりやすい!」本でした。そして、この本の考え方は大切と感じたため、10回以上読み返したのですが、内容をちゃんと理解し、活かせるようになってきたのは大分経ってからでした。

初めて読んだ時から、バッチリ理解した気になっていたのですけどね。

「数字は見るな!」田中靖浩・読書回数

今回は、私のようにわかったつもりになっちゃいがちな初心者の人が、この本の内容を理解して、さらに活かせるようになるための方法をまとめました。

■ポイント

やり方は、おおまかに言って
1.本を章ごとにまとめながら読む
・知識の習得
2.書いて有る方法を身につける
・スキルの習得(簡単な事ですが、結構大事だと思います)
3.新聞などを読む
・実践

という、ただそれだけです。

え?まとめるのが面倒?
そうですよね。そう感じますよね。

「俺、別にこのレベルの内容ならまとめるまでもなく理解しているもん」と私も思ってましたよ。

しかし、新しい分野の言葉って馴染みがないので、なかなか覚えられないのが普通です。覚えたつもりでもすぐ忘れます。そして基本的な概念を理解できていないと、学習も中々進まないのですよ。

私自身、上記のとおり10回以上読みなおしたり、本を一冊をまとめてみたりしてましたが身についていませんでした。慣れない分野なのに、わかった気になっていたのでしょうね。

しかしっ!このやり方でやれば、会計に対する取っ掛かりが作れ、楽しく勉強を進められるようになります!(たぶん)。

というわけで、中身に入って行きましょう。

■前提となる知識・スキル
・特にないです。

■目安(習得期間、学習時間(開始時〜最大))
・一日15分程度読めれば、2〜3週間でまとめまで行けると思います。

■習得メリット
・決算書を読むためのベースが出来る

■信頼度
「原案の成功事例あり」「現在精査中」です。

■必要ツール
・下記参照

■手順

フェーズ1
1.章ごとに通読+まとめの作成
・特にAct4〜8。
・まとめはこんな感じで作ります。もちろん、MMじゃなくてもOK。
2.まとめの読み返し
3.再度読み直し(ざっくりと速読)

フェーズ2
1.桁数の大きい金額について「国民一人あたりいくら?」の感覚を作る
・日本国民の数を1億円とすると、1兆円⇒一人あたり一万円、10兆円⇒十万円を押さえとけばOK可と思います。
・一応こんなのを作ってみました。

2.新聞
・日経新聞の「企業」には、記事にとあげられている企業の売上、営業利益、純利益などの数字が並ぶ事が多い。
・数字の感覚、営業利益率などを考えながら読むと良さそう。
・売上、営業利益などについては、会計最速勉強法当たりが分かりやすいかも。
・売上、営業利益(売上を上げるために掛かった経費などを引いた本業での儲け)、純利益(実際に利益になる数字)当たりがよく出ます。
・これに売上高に対する営業利益率をみるとかするとその業界や会社の儲けの体質もちょっと分かります。(薄利多売なのかとか・・・)

■実践へ(次のステップ)
・これを期に、日経新聞などを読むと良いかもしれません。
会計力養成レシピ01

■コツ・ポイント
・ともかく「まとめ」がキモです。

■生い立ち
・上記のとおり

■参考文献

photo

数字は見るな! 簿記があなたの会計力をダメにする
田中 靖浩
日本実業出版社 2006-09-14

by G-Tools , 2014/01/28

■お知らせ
lifenotes.jpの最新・更新情報は、Facebookメルマガで配信しています。