「学習レシピ」カテゴリーアーカイブ

学習レシピ

HTML/CSSなどWebの基礎を「楽しく!」入門

 

■概要
今回は、HTML/CSSなどの基礎を「楽しく!」学ぶための学習メソッドです。

プログラミングの勉強において、根性でたくさんのコンテンツを乗り越えたり、詰め込み型の講座で結局何も身につかないなんて経験はありませんか?

偉そうにいうことじゃないけど、私は有ります。
例えば、iPhoneアプリの開発講座に、10万円3ヶ月ほどかけて通ったのですが、全く身につきませんでした・・・日々、1時間程度は最低でも勉強していたのだけど。
結局、プログラミング言語も、「言語」なのである程度基礎を固めて、日々触れる必要があるのですよね。

というわけで、今回は、「楽しく」学べるようにDashとCodecademyというWebサービスを用いた学習のレシピを公開します。

この学習レシピに従えば、結構な初心者の人でもHTML/CSS(とJavaScript・jQuery)を楽しく始められるはず。

なぜならば、「詰め込み型」ではなく、ストーリー形式+実際にコードを書いて、即座にフィードバックや結果が表示される形式のものを用いているから。

今回、このコースを作るに当たり、数ヶ月間無償で利用できるWeb上の様々なコーディング(プログラミング)学習サイトをみてきました。その中で、この2つは、私が、この最近触ったHTML/CSSの入門用としては、ものの中で初心者の人が、理解しやすいだろうと思われる内容でした。

そのポイントは、上記のストーリー形式などですが、例えばDashでは、「依頼人からの依頼で、Webサイトを作成していく」というストーリー形式です。それが、分かりやすいスライド、実際にコードを書く画面、その結果が表示される画面に分かれています。さらに、課題をクリアすると、アニメーションやキャラクターのコメントなど分かりやすい反応が得られます。

また、Codecademyは、ここ数年のWeb上でコーディングを学ぶためのサイトとして、比較的歴史が有ることもあってか、安定したコンテンツで安心して学ぶ事ができます。(Dashのコンテンツもかなり考えられていると思いますが)。

いずれのサービスも、プログラミング学習の際の最大の問題点だと私が思っている”stuck”「行き詰まり」に対しても、ヒントや掲示板などで回答がもらえるようになっています。

いずれも、今のところ英語(Codecademyは、2014年1月15日時点ではほんのすこしだけ日本語化されています)ですが、説明調の簡単な英語なので、「英語がものすごく苦手!」という人ではなければ、それほど問題ないかと思います。

Codecademy-WebFundamentals

■前提となる知識・スキル
・WebやHTMLに対する興味
・基本的な英語を読む能力(辞書をひくなども含め)
不安な人は、これを事前にこなしておくと良いかも。
【学習レシピ】英文読解の基礎(構造把握力)

・またどうしても英語が苦手だけど頑張りたいという場合は、
ドットインストールでHMTL・CSSなどを一通りみてからすすめるのが良いと思います。

■目安(習得期間、学習時間(開始時〜最大))
3ヶ月(たぶん)

■習得メリット
Webの基礎である、HTML、CSSについて一通り学べます。

■信頼度
・現在精査中

■必要ツール
・Dash、Codecademy

■手順
フェーズ1:Dash
準備
1.アカウントがない場合には作っておいてください。
#Twitterからでもログインできます。
2.Projectは、1〜3まで順に進めます。
#現在は、Project5まで作成中ですが、取り敢えず今回は3までで。

手順
1.Dashを開く
2.前回の続きを実行
3.メモの作成
Evernoteなどにメモを取りながら学習を進めましょう。
・一度やっただけだと忘れるので、電車の中などで読み返すためです。
・画像のキャプチャは、JingSkitchを使うと便利です。
4.日々の決まった学習時間が終わったらメモをを読み返す。
・電車の中などで読み返すと良いと思います。
・この復習をしておくと、記憶の定着がよくなり、学習効率も上がります。

フェーズ2:Codecademy
準備
1.アカウントがない場合には、作成します。
#Twitter、Facebook, Googleでもログインできます。
2.「学ぶ」から”Web Fundamentals”を選択します。

手順1・一回目
1.CodecademyのWeb Fundamentalsを開く
2.前回の続きから実行
・最初は、”Introduction to HTML”から始める。
3.メモの作成
4.日々の決まった学習時間が終わったらメモをを読み返す。
・電車の中などで読み返すと良いと思います。
・この復習をしておくと、記憶の定着がよくなり、学習効率も上がります。

補足)わからなくなったり行き詰まった場合
1.”stcuk? Get a hint!”を読む。
2.左下に”Q&A Forum”があるのでここのログをみたり、質問をする。
3.そのセクションの最初からやり直す
で、だいたい大丈夫だと思います。
あと、どうしてもという場合は聴いて貰えればある程度は回答出来ると思います。

手順2回目(ものすごく重要)
注意1)復習を行なうことで、定着していなかった点などが明確になり、「慣れ」を作っていけます。
注意2)2回目とは言え、丁寧にやって行くのでそれなりに時間がかかることは覚悟しておきましょう。
1.CodecademyのWeb Fundamentalsを開く
2.前回の続きから実行
・最初は、”Introduction to HTML”から始める。
3.メモの作成
4.日々の決まった学習時間が終わったらメモをを読み返す。
・電車の中などで読み返すと良いと思います。
・この復習をしておくと、記憶の定着がよくなり、学習効率も上がります。

手順3(適宜調整)
・Codecademyを再度やっても良いかと思います。
・また、この段階になると大分知識を身につけるベースもついてきていると思うので、ドットインストールやCODEPREPなどを行っても良いかと思います。

■実践へ(次のステップ)
・上記、手順3を参照

□コツ・ポイント
■生い立ち
・私自身のHTML/CSSの学習のため複数のオンライン上のコーディング学習サイトを調べていたので作成を予定していました。
・また、他の学習コンテンツの学習者の方からのリクエストをきっかけに作成しております。

■次のステップ
・上記、手順3を参照

■参考文献

■参考レシピ

■お知らせ
lifenotes.jpの最新・更新情報は、Facebookメルマガで配信しています。

【学習レシピ】相手の名前を覚える!好印象な名刺交換の基礎

名刺交換の基礎って大事ですよね。慣れないうちは、手が震えてたり、失礼なことをしてしまうこともあります。しかもこの名刺交換の方法は、業界や会社によってやり方が違ったりします。

また、これは私の経験なのですが、この数ヶ月「はじめまして」という対応をしたところ、「◯年前に◯◯でお会いしましたよ」ということが2回ほどありました。私は、正直人の名前を余りちゃんと覚えられる方ではありません。
しかし、そもそもその努力をしているかというと・・・

え?「そんな努力をするのも面倒くさい」って。
まぁ、内心はそんな感じかもしれませんね。でもね、このほんのちょっとの努力が相手に好印象を与えたり、自分の能力に自信が持てたりするものなのですよ。「80対20の法則」のいう、「重要な少数」ってヤツだと思います。たとえ覚えられなくともその、ほんのすこしの努力をする事自体今までとは違った意識を持つきっかけにになるかもしれません。

そこで、この人の名前を覚えるための工夫と、名刺交換の基礎を身につける方法をまとめてみました。

■概要
名刺の渡し方の基本を身につけます。
業界などによって異なる部分もあると思いますが、そこは適宜調整してお使いください。
また、同時に人の名前を覚えるようにしましょう。

名刺交換を、ただの仕事上の手順ではなく、人との関係を構築する第一歩と考えると真剣度も変わってくると思います。

■前提となる知識・スキル
特にありません。

■目安(習得期間、学習時間(開始時〜最大))
ロールプレイング用として作成してあります。
30回も実行すれば、習熟度も大分上がると思います。
スキルの定着を良くするために、「日々練習を1ヶ月+忘却曲線にそって確認」を行なうと、変な癖も修正され、感じのいい名刺交換の作法が身に付くでしょう。

■習得メリット
名刺交換は、慣れないと、とても不安だったりします。場合によっては相手に不快な印象を与えてしまいかねません。
そのため、事前に練習し、習熟度を上げておくことで、実践に移りやすくなます。さらに、習熟すると相手にも好印象を与えられるようになります。

実際、私も研修を受けただけで、名刺交換の経験がない時には、「手順など間違えていないかなぁ」などと考え不安になりました。また、慣れないうちは、手順に従うことばかりで頭が一杯だったりしました。

■信頼度
・レシピによる成功事例あり

■必要ツール
名刺と名刺入れは必須です。
名刺入れは、業界や個人の考え方によってですが、アルミではなく、合皮でもよいので革のものを用意すると失礼な印象を持たれにくいかと思います。

私も、新入社員の頃は、アルミの名刺入れを使っていたのですが、営業の仕事をするようになった際、研修で「アルミの名刺では、お客様の中には失礼だと思われる方もいるので革の名刺入れに変えるように」と指導されました。

■手順
□座っている場合は立つ。
□机を挟んだ状態の場合には、移動して直接相対する。
□名刺入れから名刺を取り出す。
□名刺は相手が読める方向に向け、名刺入れの上に載せる。
□脇を締めて胸の高さで相手に差し出す。
□組織名、役職名、名前を名乗りながら交換する。
□相手の名刺は、自分の名刺入れをお盆の様にして受け取る。
□相手の名前を声に出して確認する
・読み方がわからない場合などもこのタイミングならすんなり聞けます。
□名刺の裏を見る。
□自己紹介後に、相手の名前を呼びながら質問をする。
・例)「珍しい名字ですね。◯◯さんはどちらのご出身ですか?」
・例)「名刺の裏に記載されていることに触れながら◯◯さんは・・・」
□席の上に名刺入れごと置く(相手が複数名の場合は、席順などに配置する。基本は相手方の役職が一番高い人を名刺入れに乗せておく)
□別れ際に名前を言う。
・例)「◯◯さん、本日はありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。」

■実践へ(次のステップ)
・ロープレである程度ならたら、実践をしてみましょう。
・実践でうまく言ったところ、うまくいかなかったところを確認し、さらに何度かロープレを重ねましょう。

■コツ・ポイント
・最初、緊張して手が震えてしまうようであれば、「名刺が身体の一部」になったかのようなイメージを持つとよいです。
・また、下記の参考資料も一通り目を通しておくとよいでしょう。

■生い立ち
・最初に入社した会社で、新入社員研修を受けさせてもらいました。
・その後、営業なども経験し、その際の研修や、書籍で学んだことから今のスタイルになっています。
・名刺交換は、上記が絶対というものではなく、業界などによっても異なります。実際に上記のやり方を有る営業がメインの会社の人に見せたところ、「必ず相手よりも下から名刺を出すので、胸の位置から出すというのは違和感がある」との指摘がありました。このあたりは、会社内での基本的なやり方があるようであれば、それを確認して作り直してください。

■参考文献
名刺交換のマナーって?
挿絵と漫画で解説されています。

あなたは大丈夫?今さら聞けない「名刺交換」のマナー
例外パターンは読んでおくとよいでしょう。

好印象を与えるビジネスでの名刺交換
これも丁寧に書いて有るのでひと通り読んでみましょう。

名刺同時交換
動画での解説です。

世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?」戸塚隆将著 P-25〜26

こてこてのタイトルで、「当たり前のこと」という指摘もありますが、それでも良書だと思います。私は、人の名前などがなかなか覚えられない方です。しかし、この本を読んで、そもそも覚える努力も足りない、と改めて気づきました(というか、思い出した、かな)。

その他)
写真:PACTASO

【学習レシピ】CodecademyでPHPの基礎と英語を学ぶ

Codecademy20131230

■概要
PHPなどのプログラミング言語の勉強って、書籍だとなかなか大変ですよね。
かと言って、スクーリングをするにしても、身に付けるためには結局自習は必須です。

そこで、Codecademyを使ってPHPの基礎を作るための習得のレシピを考えてみました。
Codecademy自体、非常によくできているプログラミング学習サイトなのですが、ちょっとしたコツや方法を知っていると、学習効率も大幅にあがると思います。

また、今のところほとんど日本語訳されていないサイトです。とはいえ、基本的に、シンプルな指示のための英文なので、PHPを勉強しながら英語の勉強にもなりますよ。

■前提となる知識・スキル
シンプルな英文がメインとはいえ、基本的な英語を読む力は必要です。ちょっと足りないなぁという場合は、下記をやっておくと良いと思います。
【学習レシピ】英文読解の基礎(構造把握力)

また、HTMLの基礎知識ぐらいはあったほうが良いかと思います。
HTMLについて全く知らない場合には、事前にCodecademy(もちろん英語)、ドットインストールCODEPREPなどのHTMLの基礎のコースをやっておくと良いでしょう。

英語の勉強の為にという方で、英語のレベルがちょっと・・・という場合は、これもドットインストールのPHP入門(基本編)CODEPREPのはじめてのPHPなどで事前にPHPの勉強をすると良いかもしれません。

■目安(習得期間、学習時間(開始時〜最大))
一日3分〜30分程度を何度か。
期間:一日30分として2〜3ヶ月程度(復習2回含む)

■習得メリット
・PHPの基礎が身につく
基本的に3回は行なうと良いです。そうじゃないと忘れるし身につかないと思います。
・英語の勉強になる
Codecademy は、今のところ(2013年12月31日現在)ほとんど日本語化されていません。ただ、基本的には、明確な指示のための英文なので、凝った言い回しも余りなく、実際にコードを書くと反応が返ってくるのでいい勉強になると思います。また、そもそも「変数」「定数」「関数」「引数」なんていう「どこが数なんだ?」と突っ込みたくなるような日本語訳に悩む必要もないのも良い点だと思います。

■信頼度
・原案の成功事例あり

■必要ツール
Codecademy
・Webサービス・2013年12月29日時点で日本語化はほんの一部のみ
・PHPのコースに直接リンクしています。初めての場合はトップページで簡単なプログラミングを試してみるのもよいでしょう。
・また、アカウントを作った方が学習しやすいと思いますよ。

■手順
準備
1.Codecademyにアカウントを作成する
2.学ぶからPHPのコースを選択

一回目
1.CodecademyのPHPを最初の”Welcome to PHP!”から始める(翌日以降は、続きから)
・最初に出てくるコードの意味は、意味のない文字の羅列にしか見えないと思うが今は無視!
2.Evernoteでメモを取る(これも気づいた時点で行なう。一回目は簡単なメモにしておく)
3.日々の決まった学習時間が終わったらメモをを読み返す。

補足)わからなくなったり行き詰まった場合
1.”stcukGet a hint!”を読む。
2.左下に”Q&A Forum”があるのでここのログをみたり、質問をする。
3.そのセクションの最初からやり直す
で、だいたい大丈夫だと思います。あと、どうしてもという場合は聴いて貰えればある程度は回答出来ると思います。仕事などの状況にもよりますが。

例えば、私の場合Object-Oriented Programingのところで行き詰まったので、Object-Oriented Programingの最初からやり直しました。

2回目(ものすごく重要)
注意1)復習を行なうことで、定着していなかった点などが明確になり、「慣れ」を作っていけます。
注意2)2回目とは言え、丁寧にやって行くのでそれなりに時間がかかることは覚悟しておきましょう。
1.CodecademyのPHPを最初の”Welcome to PHP!”から復習していく。
・最初に出てくるコードの意味は、分かるようになっているはず!
2.Evernoteでメモを取る。
・2回目は少し丁寧にメモを取っていく。
3.日々の決まった学習時間が終わったらメモを読み返す。

3回目
1.CodecademyのPHPを最初の”Welcome to PHP!”から復習していく。
2.Evernoteでメモを取る。
・2回目で作成したメモの補足をしていく感じ。
3.日々の決まった学習時間が終わったらメモを読み返す。

■実践へ(次のステップ)
・PHPの「型」はこれだけで大分身に付くと思います。
・WordPressなどPHPを利用しているシステムを触ってみる(
WordPressをちゃんと使うための教科書
実は、この本を読んでPHPのところが全くわからなかったのが、今回Codecademyをやってみたきっかけでした。ちなみに、一年ほど前にドットインストールでPHPのコースは一通りやっていたのだけど、綺麗さっぱり忘れておりました。

■コツ・ポイント

Codecademy_note20131231
Evernoteへのノートの取り方は、図(クリックすると拡大します)の様な感じで行いました。

1.各レッスンのタイトルを【】で囲む
2.その中の要素は、太文字にする
3.そこの中で学んだこと、気づいたことをメモする。
4.必要な箇所は、Jing(使い方はこちら)などでキャプチャを取り貼り付ける。

■生い立ち
プログラミング言語って、昔から何度か挑戦しながら未だにできないスキルのひとつでした。仕事上、勉強したり、某社のOEMを受けたiPhoneのアプリ開発講座に参加したりしてもできるようにならなかったのですよね。

その大きな理由のひとつは、基礎をしっかり作っていなかったからだと思います。会計や英語と同様、基本的なことをしっかり、丁寧に押さえていけばある程度できるようになるはずという事でやってみたのがこんなやり方です。

実際、コースでも学ぶ事は、大分理解できる様になりました。この学習のレシピを確認していただいた、プログラミングを教えている「たにぐちまこと」さん(下に紹介しているWordpressの本や、「よくわかるPHPの教科書」などの本の著者の方)からも、「コード学習の基本を、抑えている感じですごくよいと思います」とのコメントを頂きました。

□参考文献
□参考レシピ

lifenotes.jpの更新情報は、
Facebook Page
メルマガ(まぐまぐ)

【学習レシピ】英文の構造把握力の定着に(BFCシリーズ)

■概要
英文読解のスモールステップ(BFC)・ビックファットキャットシリーズ

「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」というおすすめの本があります。その続編に当たる物語シリーズのレシピです。
解説と「英語のおやつ」はオススメです(1と2しか読んでいませんが)。

ただ、ストーリーは、かなり無茶な展開をします。また、一部英語というか表現的に気になる個所もありました。その辺りは割りきって、英文+解説本として読める人には良いと思います。ちょっと無理そうという場合、下記の「■コツ・ポイント」を読んで、から考えてみてください(一部ネタバレ有り)。

■前提となる知識・スキル
英文読解の基礎を短時間で身に付ける(見直す)

■目安(習得期間、学習時間(開始時〜最大))
一日3〜15分ぐらい
もっと、長くても良いけど継続に主軸を置くため、最初は短めで3分ぐらいがいいと思います。

期間は、一日辺りの時間にに依存するので一概にいえないですが、一日10分程度読めば一冊1ヶ月かからないはず。

■習得メリット
「英文読解の基礎」を定着させる事ができる。

■信頼度
・原案の成功事例あり

■必要ツール

photo

Big Fat Cat and The Mustard Pie (BFC BOOKS)
向山 貴彦 たかしま てつを
幻冬舎 2002-09-27

by G-Tools , 2013/12/26

photo

Big Fat Cat GOES TO TOWN
向山 貴彦 たかしま てつを
幻冬舎 2003-02-10

by G-Tools , 2013/12/26

■手順

1回目
英文を不明な箇所などをマークしながら読む。
解説文を読み、気になる個所などをマークする
「英語のおやつ」を読む。
(必要なら)ノートにまとめる

2回目
英文を読む(2回目)
解説文のマークしてある個所を読みメモにまとめる
「英語のおやつ」のマークしてある個所を読みメモにまとめる
メモを読み返し、わからない単語に例文などをつけていく。

3回目
英文を読みながら、覚えていない単語をノートに書き出す
解説文のマークしてある個所を読む
「英語のおやつ」のマークしてある個所を読む

4回目以降
忘却曲線に基づいて、見直し(Googleカレンダーなどリマインド機能のあるカレンダーでスケジュールしておく。1日後、3日後、1週間後、2週間後、4週間後3ヶ月後、6ヶ月後、一年後+その後毎年)

■実践へ(次のステップ)
平行して、ご自身の仕事や趣味に関係する英文ページを読むのがよさそうです。
それと、プログラミングなどの勉強をしている方は、CodecademyやDashなどがオススメです。画面に指示が出てその通りに行うとレスポンスがあるので、学習が進めやすいと思います。

こんな記事も書いてみました。

■コツ・ポイント
連続ものの本になっているので、順番に読んでいくのが良いと思います。
私自身は、Part1に当たる”Big Fat Cat and The mustard pie”とPart2に当たる”Big Fat Cat and Goes to town”しか読んでいません。実際には、さらに続きます。後半の方が面白くなっていくみたいです。(たぶん)。

●MustardPieの感想と注意点(一部ネタバレあり)●
ストーリーは、過去の自分に照らしあわせてしまうためかもしれないけど、かなりイタいです。
主人公のエドは、なんの考えもなく、とりあえず店を出したみたい。しかし、案の定お店は潰れそう。でも、そんな現実に目を向けることなく猫と戯れ、現実逃避に勤しむエド。しかし、平和な日々も長くは続きませんでした・・・という感じです。ブルーな感じのまま終わります。
ちなみに、「そんな立退き有りかよ?」とか、「なぜ猫なのに、大きな音や振動のさなか寝てるの?」とか、かなり無茶なストーリーが展開されていきます。

● 前作との設定の違い
1.エドのお店の経営状況が変更になっている。
・前作では、うまく行っていたはずだが、今作からは潰れそうな状態に変更されている。
2.エドのお店が、bakeryからpastryになっている。
・だいたい同じようなものと思っていいのかも。エドの回想のところでは、bakery。

●英語的に気になるところ”businessman”だったEd
P-13にて、 Ed used to be a businessmanと表現されています。

この”businessman”という単語は、DUO3.0(鈴木陽一著・アイシーピー)によると、「実業家、経営センスのある人。「(普通の)サラリーマン」という意味は無い」」とのこと。

一方、Edは、ストーリー的に、ビジネスセンスがある感じの人ではなさそうです。サラリーマンとかoffice workerという意味合いだったのかもしれませんが、それにしても・・・という感じです。

気になって、英語の先生、数名に聞いてみたのだけど、やはり日本語のサラリーマンとかoffice worker的な意味あいで使うことはない、という方が大抵でした。

ウィズダム英和辞典では、
1 (男性の)実業家; (経営にかかわる高い地位の)ビジネスマン
2 金もうけに長(た)けた人, 商売人, 実務家

となっています。

ちなみに、英英辞書だとこんな感じ
businessman – Cambridge Dictionary Online
a man who works in business, especially one who has a high position in a company:

businessman – Marriam-Webster
1: a man who works in business especially in a high position
2: a man who is good at dealing with business and financial matters

●Big Fat Cat Gose to town●
前作同様、無茶なストーリー展開で「えぇ!?」という驚きを与えてくれます。
精神的にも肉体的にも追い詰められたエド。BFCの襲撃を受けながらも街を目指します。夢見るばかりで、流されるままのエド。そんな彼が、たまたま目にした広告に乗せられ、やっぱり行き勢いに流されるまま行動します。そうすると、無意味に嫌味で、殺人すらをもいとわないけど、一応いろいろ考えて展開しているっぽいライバルや、頭のなかのネガティブな声などの困難を次々と乗り越えていきます。しかし、そんなエドの前にまたしてもヤツの影がっ!!
という感じで、前作よりも動きがあります。

解説は、前作より丁寧になっていて、読み応えがありました。「英語のおやつ」も前作同様よいです。

●気になるところ:ノックの数
物語の中で、エドは、通常のドアを2回ノックします。
一方、私は、営業研修などで「ノックの数は、トレイは2回、通常は3回」と教わったので、気になってネットで調べてみました。
結果、通常日本では3回が多いようです(正式には4回というのもありました)。

「アメリカでも田舎だと誰も気にしないぜ」という意見もありましたがどうなんでしょう。

ちなみに、アイリッシュの友人に聞いたところ、”Usually Three times or six in 1-3-2 sequence.”とのこと。通常は、3回。とのことでした。
また、その友人いわく、1−3−2という感じでノックすることもあるそうです。

 

【学習レシピ】英語の桁の読み方

  • 概要
    英語の桁数の読み方は、3桁区切りになっています。
    一度覚えてしまえば、通常の数字の表記と同様なので簡単に思い出す事ができます。
    ここでは、そのためのトレーニング・メソッドを紹介します。
  • メリット
    英語の桁数事のよみが瞬時に把握出来る様になります。
    英語の数字に関する理解の取っ掛かりになります。
  • 前提となる知識・スキルなど
    one, ten, a hundred, thousand… などの英単語は覚えておく必要があります。
  • 習得期間の目安
    長くて一週間
  • 学習時間の目安
    一日3分程度
    連続で行っても良いが、感覚をあるかけた方が定着が良い。

学習レシピ・実行フォームの使い方

計画した実行時間が来たら

  1. フォームを開く
    ・パソコンでもスマホでも良いです。
    ・スマホで実行する場合、下記のようにしておくと便利です。
    http://lifenotes.jp/203

  2. 目的を確認する
    ・人間、覚えているようで普段は目標なんて忘れています。
    ・これをワーキングメモリーに乗せて活動することで、行動の意図を明確にします。
    ・(実行項目が、この目標のためであることを確認する)
  3. 実行(学習)項目を実行する
    ・体重計に乗る、本を読む、本の章をまとめるなどなど、実行項目にあるものを実行してください。
  4. コメントを書く
    ・特に、学習したり、日々の生活の中で感じた成長を記載してください。
    ・言葉にして確認することでモチベーションをたかめるきっかけにもなります。
    ・また、メタ認知が促され、学習自体もより効果的になっていきます。
  5. 「送信」ボタンを押して満足感に浸る
    ・今回もよくがんばりましたね!
    ・達成感を味わってください。

【学習レシピ】英文読解の基礎(構造把握力)

学習継続のコンシェルジュサービスを行っていて、最も要望の多いものの1つは、「英文をもっと楽に読めるようになりたい」というものです。

そこで、私の経験上最も簡単で役に立った英語の本を使って学習(トレーニング)のレシピを作ってみました。

その本は、「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」という本です。

photo

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
向山 淳子 向山 貴彦 studio ET CETRA たかしまてつを
幻冬舎 2001-12-20

by G-Tools , 2013/11/17

この本では、

「A→B」

という英語の基本構造をベースに

「化粧品」「A=B」「A→(自分に戻る→)」などの変形パターンを覚えて、英文の構造をシンプルにつかめるようになるための本です。

学習のレシピに従って、この構造をつかむことを意識し、何度か繰返して読むことで、この「英文の基本構造をつかむ」能力が強化されていきます。その結果、英文を読むストレスが大分下がると思います。

これは、私自身が経験したことでもあり、学習塾の講師をしていた際に、この本の図などをベースに教えてきた経験上からも効果が高い事を実感しています。

この本自体は、少々古い本であり、正直なところ、もう少し分かりやす表現などもあるのではないかと思われるところもあります。

しかし、今でも、私が知る限り、英文読解の基礎力を養うのに最も優れた本です。(もっといい本があったら是非、教えて下さい。)

よろしければ、試してみてくださいね。

使い方

1.目標のチェック
・日々、実行前にここをチェックしてください。
・モチベーションアップと、実行項目に対する意図を明確にする事で学習効果を高めます。

2.実行項目
ここは、ステップ毎に進んでください。毎日無理をせずに出来るところまで進んでいきます。

第1章〜第9章

・まず、各章ごとに通読します。
・次に、読んだ章を自分なりにまとめます。
・まとめは、その章のポイント・概要などを章の後半に書いておきます。
・自分自身で分かる程度の簡単なメモで結構です。
・一日の学習時間は決まっていると思うので、その範囲内で結構です。
・「その他」には、どのページまで進んだかの進捗を記入してください。

BFC_summary

まとめの例

第10章〜第11章
・まずは、章ごとに通読してください。
・それぞれのチェックリストに対応する文章を分解しながら読んでください。
・分解の仕方は、前半に解説のある「A→B」「A=B」「A(自分に戻る矢印)」です。
・下記の様に直接書き込んで、後半の解説と比較し正誤を確認していきます。

BFC_structure

 

BFC_check

 

BFC_structure_check

応用編:第12章〜第13章
・a/theについての区別は、比較的簡単につくかと思います。
・13章は、通読してください。
前置詞は、この後の読み返しの中や普段の英文作成の際に意識するようにしてください。
何度も繰り返すことで感覚が身についていくと思います。

3.振り返り
ここは、日々実行してください。自分の学習進捗の振り返りにもなります。

フォローが必要な方は、こちら(あなたの学習を成功させる!コンシェルジュサービス)もご参照ください。

ダイエット習慣を身につける

●概要
これは、単純に痩せるのではなく、痩せた状態を通常の状態にするための習慣を習得するためのレシピです。その習慣とは、食生活や運動等についてですが、ここでは特に食生活について記載しています。

●作成の経緯
はじめに
私自身、講師業を行っていた際、ちょっと太っていたことがあります。(身長170で、体重72kg)
原因は、加齢や運動習慣がないことから来る基礎代謝の低下と、何より食習慣だったと思われます。当時は、週に数回飲みに行き無制限に食べていました。
ダイエットのきっかけは、自分が太っていることの認識でした。
それまでも、「太っている様な気もするが許容範囲だろう」と認識していたのですが、旅行時の水着姿の自分の写真を観ること、スーツやシャツがきつく感じられることなどから考えを改めました。
また、講師業だったので、講師としての自分のあるべき姿を考えた時にダイエットを決意しました。

実行後
上記のメソッドにもある食事量を減らすことで簡単に痩せていきました
しかし、体調を崩したため、運動を開始しました。しかし栄養不足のためかさらに体調が悪くなりました。そこで、食事内容をより考えるようになり上記の形に落ち着いています。
ダイエット後、数年が経ちますが、リバウンドもなく健康な状態を保てています。現在は、体重60kg程度です(少し体重が落ち過ぎたので65kgを目指して筋トレなどを少ししています)。

●問題と解決策
ダイエットは、しっかりと行なわないとなかなか達成しにくい目標になりがちです。
逆にいうと、しっかりと計画的に行えば言われているほど難しいことではありません。
解決策としては、結局は食事量を減らす必要が有ります。ただ、いきなり食事量を減らそうとするのは、コントロールが難しい為、ステップを分けて実行していきます。
特に注意して欲しいのは、直接コントロールが出来ない体重の増減は当初は目安と考え、コントロールできる「一口残す」などの行動にフォーカスしすることです。これにより、一歩一歩に達成感を感じ継続しやすくなります。

●メリット
ダイエットに成功する。
ダイエット習慣が身につき、痩せた状態が普通になる。
なのでリバウンドもない。

●習得期間の目安
痩せるまでは、6ヶ月(目標体重により変わります)
3ヶ月もしないうちに効果は感じると思います。

●学習時間の目安
記録などの時間(10分/日程度)

●ツール
・専用フォーム(目標確認、実行項目Check、記録など、下記参照)
・手書きのメモ帳(食事・体重などの記録用、スマホよりも直ぐに開ける紙の手帳がおすすめ)
・体重計(余計な機能はなくてよいが、立ち上げなど時間がかからず直ぐに測れるもの)

●GI値についてのリンク

GI値の表1
色分けされた表が見やすいです。

GI値の表2
Googleで、トップの方にある表です。

「低GI値食品」で効率的なダイエットを
GI値の考え方についてまとめられています。
フルーツを間食にしたほうがいいというのは、どうなのでしょう・・・

●参考文献

脳が教える1つの習慣 書籍
低血糖症と精神疾患治療の手引 書籍
―心身を損なう血糖やホルモンの異常等の栄養医学的治療
うつ病ドリルのサプリのページなど Webサイト
アフィリエイトをやっているみたいで、結構高額なサイトに移動するのと、GI値無視の甘々なプロテインなどを薦めているところを除けば、考え方として参考になります。サプリの購入は、iHerbが個人的に使ったことがあるものの中ではお勧めです。日本語もある程度使え、ヤマト運輸や佐川急便等で1週間程度で荷物が届きます。

●lifenote.jpの継続コンシェルジュサービス

lifenote.jpの継続コンシェルジュサービスでは、「継続」のためのお手伝いをしています。
ご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。ダイエットだと大体3ヶ月もすれば、大きく効果を実感できると思います。

お問い合わせフォーム

 

【学習レシピ】英文メールを書けるようになる

先日ある方との会話をきっかけに、英文のメールを書けるようになるための学習のレシピを考えてみました。

その方は、経営者なのですが、社員の方がなかなか英文を書こうとせず常に自分に頼ってくるとのこと。たしかに、英文メールを書くのは、最初は結構抵抗があるかもしれません。

私の場合は、仕事上、必要だったので書いていたのですが、それでもある程度のトレーニングをしたり、ツールをつかうなどの工夫はしていました。

WhatCounts Travel Email Webinar Logo

 

ちなみに

  1. メーラーなどのスペルチェック機能を使う
    私は当時、Microsoft Wordの文章構成・スペルチェック機能を使っていました。今ならGingerとかでもいいかもしれません。
  2. 辞書を使う
    Web上の辞書でもいいので何か用意しておくと良さそうです。Macの場合使っている場合はショートカットで辞書を呼び出せるようにしておくと便利です。
    参考)Macで英語の勉強に役だっている機能
    また、ブラウザのプラグインでもいいかもしれませんね。(うちのGoogle Chromeはすぐ重くなるので入れていませんが)
  3. 良い表現をストックしておく
    ネイティブや英語が得意な人が使う気の利いた表現をストックしておく。
    Evernoteなどに入れておいて、常に呼び出せるようにするとよいでしょう。
  4. 一日15分程度英語で日記を書く
    なんてことを繰り返していました。

私もいまだに美しい英文がかけているとは思いませんが、それでも相手とコミュニケーションをとることはできています。さて、下記が今回の学習レシピになります。

【身に付く知識・スキル】
・英文メールを書く抵抗が下がる。
・基本的な英文メールが書けるようになる。
・英語の表現力が身につく。
・英文メールを書く際のお役立ちツールの使い方に慣れる。

【習得の目安】

一日5〜10分程度を3ヶ月程度で、実感出来る程度に英文メールが書けるようになる。(予定)

【ツール】

・ストップウォッチ(できれば物理的なものを用意)
カウントダウンされたほうがモチベーションが維持しやすそうです。
Evernote
参考になりそうな言い回しのストックをしておきます。
・文章構成機能
Ginger:Webブラウザのプラグインとして利用可能。Windowsの場合Wordにも対応するみたいです。
http://www.getginger.jp
Microsft Word:文章構成機能があるのでよく使っていました。
・スペルチェック
Gmail, MS Word、Outlookなどのメーラーの機能
実際にメールを送信する際には必ずチェックすると良いでしょう。

フォローサービス(カスタマイズや継続のお手伝い)も行っているのでご興味のある方は、是非こちらから御連絡ください。

 

頭(記憶とかストレスとか髪の毛)対策プロテイン飲料

概要

概要

今日はちょっとおまけ的な内容です。

最近調子が悪いなぁなんていう時に、何を見直しますか?

私は数年前に、ひどく体調がわるくなったことがあります。理由は、ダイエットで急激に痩せたとか、ストレスとかいろいろあったと思います。その中の一つの理由は、栄養の問題だったようです。

実際に、この栄養を改善することで体調は良くなりました。
また、ある程度ストレス耐性も高まったように思います。

その際は、下記の参考文献に有る「低血糖症」の本などを参考に

  • 低GI値の食事にする
    つまり炭水化物は玄米を中心にし、砂糖はもちろん白米・白い食パンなどを極力控える。
  • タンパク質を積極的にとる

という事を行いました。この際、毎日、大量の肉や野菜をとるのも大変なので、いわゆるプロテイン(英語の意味的には「タンパク質」に過ぎないのだけど、ここでは粉状のあれ)で補っていました。

ただ、それだけだとなんの工夫もないので、いろいろ混ぜて飲んでました。

このスキルを身につけるとこうなる
(できるようになること・効果・ベネフィット)

スキルではないですが、いつものフォーマットに沿って書いておきます。

  • (たぶん)良質なタンパク質を摂取できる
  • 記憶力が良くなるかもしれない
  • 毛髪に良いかもしれない

こんな人におすすめ(対象者)

  • 最近、栄養失調気味だなぁという人
  • 最近、ストレスが多いなぁという人
  • 最近、頭の回転とか記憶力が悪い気がするという人
  • 最近、髪の毛がやばいなぁという人

ちなみに、私はいずれも当てはまっていました・・・

習得までの期間(3週間、3ヶ月など)

栄養面は、すぐに効果が出ます。
ストレス、頭の回転とか記憶、髪の毛は、はっきりとした実感はないですが、なんとなく効果があったような気がします。まぁ、効果があったとして、プラシーボ効果もしれませんが。
実際、試してみて効果があった!という人は是非教えてください。

学習頻度(一日あたりなど)

毎日・毎朝晩とかでいいと思います。ただし、体に悪いという説もあるので、自己責任でお願いします(下にも書きましたが) 。

一回の学習時間・回数の目安(一日30分、一日3回など)

一回プロテイン飲料を作るのに、せいぜい3分程度だと思います。

レシピ

「材料(必要となる書籍・講座・ツールなど)」

ソイプロテイン
Now Foods, Soy Protein Isolate, Unflavored, 2 lbs (907 g)
Now Foodのこのプロテインが今のところお勧めです。
GI値も低く比較的ゆっくり吸収されるそうです。国内産のものと違い余計なものが入っていないのも良いところです。ただし、溶けにくいので注意してください。また、粉っぽいので、しっかり溶かさないとむせます。

ホエイプロテイン
Now Foods, Sports, Whey Protein Isolate, Natural Unflavored, 5 lbs (2268 g)
筋トレなどをする人はこちらも合わせて飲むと良いかと思います。
こちらの製品も国内産のものとは異なり余計なものが入っていないのでお勧めです。溶かしやすさや味的にはこちらの方が良いです。

なお、上記2つのリンク先は、iHerbというところで海外からの直輸入となります。とはいえ、日本語もある程度対応しており、ヤマト運輸や佐川急便などのサービスを使うと安く確実に届けてもらえます。

豆乳

これは、参考までに貼っておきますが、近くのスーパーなどで買うのがよいかと思います。

一味唐辛子

豆乳やソイプロテインに入っている(と思われる)イソフラボンと、一味唐辛子にはいっているカプサイシンを同時に取ることで、毛髪に良い、というテレビ番組をずっと昔に観たために入れています。ちなみに、そのテレビでは、味噌汁に一味唐辛子を入れて数ヶ月で髪の毛が生えてきた的なことをやっていた気がします。
ちなみに、こういうサイトもあります。

オリゴ糖

私は、これは毎回Amazonで買っています。比較的安価なので。ちなみに、レビューなどを見ると甘さがいまいちとか書かれていますが、私には十二分に甘く感じます。

photo

えごま油4本セット
朝日

これも毎回Amazonで購入しています。

photo

ザバスプロテインシェーカー (500ml)
明治 2012-04-12

そもそもこれがないと作れないです。以前の形から結構変形されていますが、なかなか使いやすいですよ。

今の私が使っているものを掲載していますが、もっといいのがあれば是非教えてくださいね。

レシピ

今回は、料理(のつもり)なのでクックパッドにレシピを上げてみました。

注意)食事や栄養に関しては、様々な説があります。例えば「プロテインは、肝臓や体に悪い」、「イソフラボン+カプサイシンは、髪の毛に効果がないもしくは、悪い」などと言われることもあります。そのため、必ずご自身の責任で実行してください。

●クックパッドのレシピ

補足(おまけなど)・参考文献

うつ病ドリル

プロテインやサプリメントに関する記述がいろいろあります。

オーソモレキュラー(栄養療法).jp

サプリメントなどでうつ病などの治療を行う方法のサイト。ネットではいろいろ言われているようですが、知人が栄養療法を行う病院にかかりうつ病を治したそうです。