隙間時間だけでTOEICのスコアを上げた方法

lifenotes.jpで、学習の理論として使っている「熟達訓練(Fluency Building)」とか「過剰学習(Over Learning)」という概念があります。これを実践して英語上達やTOEICのスコアアップのお手伝いをされている吉田直樹さんという方にお話を伺ってきました。

吉田さんのメソッドは、気合と根性で乗り切る感じでもなく(そういう部分や、そうなる人はいるかもですが)、ちゃんと理論と結果があり楽しみながら取り組めそうな内容です。

※文中の写真は、すべてイメージです。念のため。

TOEIC受検のきっかけは?

2014年に、フォーカス・リーディングの寺田昌嗣さんの「高速学習」の講座というのが有ることを知り、「おもしろそうだ」と思って参加しました。

その講座では、なにか学ぶ目標を決める必要があり、「年内(7ケ月)でTOEIC730を超えること」を目標にしたのがきっかけです。

どのような英語学習をされたのですか?

直接英語の話では無いのですが、20年前仕事でイタリア駐在になった時、イタリア語を学んだことがあります。

その際、スキマ時間にシャドーイングをひたすらやって教材を覚えてしまうくらい繰返していると、一年ぐらいで仕事では大体通訳ができるようになり、 3年後にはイタリア人の部下をイタリア語で説教するようになってました。

ただ、その方法は英語には中途半端にしか適用していなかったし、「TOEIC 730点は一生無理」とあきらめていました。

 

 

寺田さんの高速学習講座後も英語に時間はかけられませんでした。

しかし、寺田さんの「スキマ時間でウォークマンを活用してできるだけ繰返し、思い出す回数を増やす」というやり方が、イタリア語でうまくいった時の方法とミックスし易かったので、移動や雑用の時間でなるべく「耳と口で頻出フレーズ集をやる」ようにしました。

そうしたら、気づいたらTOEICの文章が以前より遥かに簡単に分かるようになっていました。」

ご自身のTOEIC受検の結果はどんなでしたか?

 

当初のTOEICのスコアは、655点。そこから前述のようなスキマ時間の学習を進め、6ヶ月に試しに模試をやったら軽く目標を超えて765点。

それで面白くなってさらにTOEIC問題で集中的にトレーニングしたら、2ヶ月で920点になり、自分でもびっくりしました」

『英語はこんなに楽にスキマ時間で上達できるんだ』ということが分かったので、社内で英語上達したい人のお手伝いをするようになりました。

受講生の方の実績はどうですか?

 

※写真はイメージです。日本人向けの勉強会です。

過去のTOEICのスコアが約450点の人にはDUO selectからやってもらい、700点になったり、約650点の人にはDUO3.0からやってもらって、765点というように伸びています
「英語を毎日やる習慣がついた」「気が付いたら英語ができるようになっていた」とか「TOEICで『単語がわからないので解けない』ということがほとんどなくなった」などの喜びの声を頂いてます。

どんな教え方をされているのですか?

 

英語は教えず、英語の練習方法を教え、継続のサポートをします。

練習としては移動時間等で、「「DUO Select」や「金のフレーズ」を徹底してシャドーイング中心にやってもらいます。

まずは、DUOをひたすらシャドウイングをしていきます。シャドウイングは、文章を英語の語順で理解するよう意味の塊で区切ってやったり、さらに上達に合わせて複数のパターンで行ってもらいます。

一冊を3~4ケ月かけて何百周も気楽に繰返し、「文が始まったらその音声を追い越して言えるようになるまで」やり込むように指導しています。

倍速再生や秒戻し再生も活用するようしつこく指導しています。

#このあたりがまさに、「熟達訓練」とか「過剰学習」ですね。

lifenotes.jp の講座(「その日に実践!バーで友達を作るための英会話」)に参加されていかがでしたか?

 

※写真はイメージです!こんな人はいないし、こんなかっこいいバーではないです。

やはり、「Fluency Building(熟達訓練)」などの考え方には、大変共感しました。

ほかに伝えていく際に参考にできそうなこととしては、話しかけるステップを分けていることや、自分自身のことを話せるように自己紹介のネタをマインドマップで作っておくことなどが特に参考になりました。

まとめ

吉田さんは、今は英語上達したい人を指導する立場にいるので、いろいろと上達方法を研究されていらっしゃいます。

私ともフォーカス・リーディングの寺田さんの高速学習講座で出会いました。

実際に、寺田さんの学習に関するU理論や実践的な理論も応用して指導をされているそうです。

また、「Fluency Building(熟達訓練)」という言葉自体は、ご存知なかったそうですが、概念自体は実践されていらっしゃった方です。

さらに、自らだけではなく他の方にも結果を出させている方なので、その手法はとても興味深いだけではなく確度も高いものだと思われます。

英語上達やTOEICのスコアアップを狙っている方は、是非下記をご覧ください。

詳細は、こちら
http://ameblo.jp/toeic-coach/entry-12126149309.html


コメント

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です