【学習レシピ】数字(桁数)把握力養成メソッド

#追記あり

概要

「1,000,000」「1,000(単位:100万円)」なんて、数字をすぐに把握できますか?仕事などで普段から数字を読む必要がないと一瞬考えてしまう方が多いのではないでしょうか。

このページでは、上記のような数字(桁数)の把握をする能力を養うためのメソッドを提供します。これをやると瞬時に数字の桁数を把握できるようになるだけではなく、学習・習熟のプロセス自体も体験することができます。

このスキルを身につけるとこうなる
(できるようになること・効果・ベネフィット)

・数日で数字・桁数の把握が素早くできるようになる。
・3週間ほど繰り返すとこのスキル自体が定着する(はず)。
・数字・桁数の把握が楽になるので、
決算書などの数字を感覚的につかみやすくなる。
(「部品技能」「複合技能」の関係。
実際には、他の「部品技能」も必要かも)
・なにより、学習における習熟(熟達)の過程を体感できる。

こんな人におすすめ(対象者)

・桁数の把握が苦手な人
・さっくりと何かの新しい技能を身につけるプロセスを体験したい人

習得までの期間(3週間、3ヶ月など)

7日間程度

学習頻度(一日あたりなど)

毎日

一回の学習時間・回数の目安

3分程度(最初は少し時間がかかる可能性あり)

レシピ

「材料(必要となる書籍・講座・ツールなど)」

数字(桁数)把握力@Quizlet
QuizletというWebサービスを使用して数字把握力を身につけられます。
ちなみに、このQuizletは、単語を覚えたりにも使えそうです。

「数字(桁数)把握力養成シート」
Excelで専用シートを作ってみました。繰り返すには、Quizletのほうがいいかも。

「数字(桁数)把握力養成管理シート」
成績管理用に使用してください。記録ってホント大事ですよ。自分の成長を見える加できるし、それが励みになりますからね。

「レシピ(学習の手順)」

  • 桁数把握力養成Excelシートの実行(もしくは、Quizletの使用)
  • タイムの記録(全問正解まで何分掛かったか)
  • 実際の財務諸表をチェック
  • 上場企業名+決算書でググると大体出てくる。
    例)「不二家 決算書」「Docomo 決算書」などなど

コツ

  • 最初は、ゆっくりと丁寧に行う。
  • 三桁区切りの数字を暗記するとやりやすくなる
    1,000,000(百万)、1,000,000,000(十億)、1,000,000,000,000(一兆)
  • 日本語による区切りはそのまま読めばOK
    例、単位:億円、11,000⇒一兆一千億円

【追記】

●追記の概要
実際に、ユーザーの方からのフィードバックを元に改良を進めています。
ここでは、その改良を元に、ツールに修正を加えたものを提示します。

●STEP
コメント:当初は、百万円単位、千円単位などの混合のクイズをといてもらっていました。しかし、最初からこれを行なうよりも、特定の単位での習熟度を上げたほうが結果として桁数把握の能力が伸びるようです。そのため、下記のSTEPにしました。

1.千円単位の数字の把握に習熟する
千円単位のクイズ(Quizlet)
一週間程度。一日に数回行なう。

2.百万円単位の数字の把握に習熟する
百万円単位のクイズ(Quizlet)
一週間程度。一日に数回行なう。

3.単位が混合された桁数の問題にて数字の把握に習熟する
数字(桁数)把握力@Quizlet

一週間程度。一日に数回行なう。

●実行・記録用フォーム

実際の実行STEP、具体的に何を行なうべきかを明確にするためのフォームを作成してみました。

桁数把握力 実行/記録用フォーム 

 

 


コメント

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です