あなたをストレスから開放する忘れ物対策!

忘れ物ってしませんか?

私はよくしていました(今でもだけど)。

そして、忘れ物をして人に迷惑かけると、当然怒られたりするわけです。

「意識が低い」とか「やる気あるの?」とかね。

私はよく言われていたし、逆に私も部下の人にそんなこと言っていたりしたこともあります(部下だった方、ごめんなさい)。

そして、その時は、当然、意識もするし、反省もします。しかし、なかなか改善はされないのですよね。
これは、私自身もそうだったし、部下だったよく忘れ物をする人もそうでした。
むしろ、更によく忘れるようになったりもします。多分、過剰に意識しすぎたり焦ったりして、抜けが生じるのでしょう。

そんなこと繰り返していると、逆ギレしはじめたり(上司だった方、ごめんなさい)、忘れ物をした時に自動的に「俺ってなんてダメ人間なだろう」とか「生まれてきてごめんなさい」みたいな気持ちになったりするようになります。(※1)

今日は、そんなあなた(?)に解決策を提示しましょう!

忘れ物を防ぐ方法

その解決策とは、「チェックリスト」です。
「何だ。そんなことかよ」と思った人もいることでしょう。こんなことを言われたら、私も思いそうです。
もしくは、「そんな機械的なことに頼ろうとする姿勢がダメなんだ」とか思った人もいるかもしれませんね。
ただね、これコツとか理屈があるのですよ。

まず、忘れ物をしがちな状況として、私の場合、出掛けがあります。出掛けは、直前まで何かをしていてそこから準備をするわけです。
この際は、多少なりとも焦っている事が多いのですよ。出掛けに限らず、焦っていたりすると平常心がゆらぎます。多少心が乱れている状態になるわけですよね。
そうすると、思考力が分散したり低下してしまい、本来出来るはずのことも出来なくなります。

というわけで、毎回必要なことは、あなたの貴重な思考力を使わずともできるようにしておくのが得策です。そのために、チェックリストを使う、というわけです。

チェックリスト使用時のコツ

チェックリスト使用時のコツとしては、

  1. 指差し確認をすること。
    チェック項目を適当に流したりすると、チェックリストを使っていても忘れます。その時の精神的ダメージと言ったら、もうアスファルトに大の字にうつ伏せで寝てしまいたくなるほどです。
    そこで、「指差し」という動作を伴わせる事により意識を向けやすくします。
    完了したら、「おしっ!」と思うのもよいでしょう。
  2. チェックリストを使って行なう項目にかかる時間を把握しておく。
    私の場合、大体3分以内に完了します。逆に、チェックリストを使わなかったり、使っても適当に流したりして、忘れ物をするとかなりの時間をロスします。
  3. 大事なものは前の晩に用意しておく。
    前の晩だと時間的に多少距離があるため、自分事ながらかなり客観的に判断できます。億劫かもしれませんが、とても大切な生きる知恵です。
    小学校(幼稚園でしたっけ?)で習おうことって大事なことが多いですね。

それでは、こんなチェックリストの実行を助けてくれるツールを紹介しましょう。

チェックリストのためのツール

ReDo
私が最近使っているのは、ReDoというiPhoneのアプリです。何度も使う前提のシンプルなチェックリストを作れます。リストの共有もできます。私は、以前、友人に押してもらって以来、愛用しています。
ただ、残念ながらアプリ自体は、今は更新されていない様子。
リストは、私が使っているものでよければ連絡をいただければ共有しますよ。

あと、Androidで同様のことができるアプリをご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。


旅行用のは、マップ形式のものを使っています。
全体像が見渡せるのと、カテゴライズされているので必要箇所のみチェックしていけるの便利です。
じゃあ、なぜ普段使わないかって?普段も使っていたのですが、マンネリになったためか、見落としが多くなったので使わなくなりました。

参考文献

 

おまけ

最初に書いたとおり、いまでもまったく忘れ物をしないわけではないのです。それでも、チェックリストを使って無駄に思考力や注意力を使わなくても良くなったことはかなりストレスを和らげてくれます。ほんの数分の投資が、その後の不快な感情を避けるのに役立つのであれば十二分に価値があるとおもうのですがいかがでしょう。

※1 そもそもこれは、根本に「俺ほどの能力のある人間が、こんな間違いをするわけがない」的な驕りがある気がしますが、それはまた今度。


コメント

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です