【メモ】Macで英語の勉強に役だっている機能

Macで英語の勉強に役だっている機能を紹介します。

  1. 英単語の発音の確認text_to _speech設定:[システム環境設定] → [音声入力と読み上げ] → [キーを押した時に選択しているテキストを読み上げる]
    にショートカットを設定しておく。やり方:読ませたい単語や文章を選択して(英文)、ショートカットを押すと読み上げてくれる。

    おまけ:これは、Mac OSが確か、OS8とか、漢字トークの頃から実装されていたテキストスピーチの機能です。あの頃と発音はあまり変わっていない気がする・・・

    私の場合は、Command+Eにしてる。

    詳細は、この辺の記事を参考にしてください。

    Macに読み方や発音の仕方がわからない英単語を読み上げさせる方法

     

  2. 文章中の英単語の意味の確認
    popup_dicやり方:文字列を選択し、三本指でタップ。⇒ ポップアップで意味が表示される。日本語の単語でもOK.また、iPhoneなども、同様に文字を選択してタップすると辞書が起動したりします。Kindleの辞書機能よりもiOSの辞書機能のほうがサクサク動いて便利に感じています。

    できない場合は、このあたりの設定を確認して下さい。
    また、上記の画像では、AppleやWikipediaの結果が表示されていますが、英文サイトの場合には、英和、英英辞書の結果も表示されたりします。

    【Mac】わからない単語はトラックパッドを3本指タップすることで辞書を引くことができるぞ!

    もちろん、古いOSを使っている場合は、対応していない可能性もあります。

  3. 「辞書(Dictionary)」
    Mac_Dictionary英語の勉強は、辞書が基本!的なことを中学生ぐらいの時に言われた気がするのですが、Mac標準の辞書も便利です。私は、Spotlight機能(Control + スペースキー)で、日本語入力がONの際は、「辞書」、OFFの場合は「dic..」などと入れて呼びだしています。

    キーボードから手を離さず手早く呼び出せて便利です。

あと、Mac標準ではないけど、Gingerは結構便利な気がする。Windowsなら、Wordと組み合わせても使えるみたい。
また、Safariは、スペルミスを、勝手に修正してくれるみたいで便利そう。

他にあったら教えて下さい。Windowsじゃあこんなのできるとかも。


コメント

コメント

「【メモ】Macで英語の勉強に役だっている機能」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です